金融商品とはどのようなものか

金融商品とは、普通預金、外貨預金、MRF、FX、CFD、国債、投資信託など、お金に関するさまざまな商品の総称です。
金融商品にはハイリスク・ハイリターンのものから、ローリスク・ローリターンのものまでさまざまあります。
購入者(投資家)は自身の投資スタイルに合ったものを選ぶことができます。
預金や国債は元金が保証されていますので、ローリスクで運用することができます。
ただし国債は途中売却すると元本割れするリスクがあります。
FXやCFD、株は価格の変動も大きく、短期間に大きな利益を得る可能性がある一方、資産を失ってしまうリスクもあります。
1つの商品に集中して投資するのではなく、複数の金融資産に分散させることで、リスクヘッジすることが可能です。

office365
始めよう!クラウド活動。